奈良県香芝市の内科医療と美容医療のかかりつけ医
内科・呼吸器内科・美容皮膚科|ノアクリニック|NOA CLINIC

再生医療(エクソソーム・幹細胞治療)

高度な再生医療での美容・健康・アンチエイジング

第二種再生医療の提供を認定されている医療施設

幹細胞を用いた再生医療は、先進的かつ高度な医療で研究中の最新医療分野です。再生医療を行うことが可能な医療施設は、再生医療等安全性確保法により定められ、その治療の妥当性・安全性・医師体制・細胞加工管理体制を特定認定再生医療等委員会により厳しく審査され、治療提供計画が厚生労働省に受理された医療機関のみに許可された医療となります。

  • 当クリニックは審査を通過の上、第二種再生医療等提供計画を厚生労働省へ提出し、計画番号を取得した医療施設になります。

再生医療とは

人間の体には本来、自己修復能力があり、傷ついた神経や組織を修復し再生することができます。体のなかには皮膚や血液のように、一つ一つの細胞の寿命が短く絶えず入れ替わり続ける組織を保つために、失われた細胞を再び生み出して補充する能力を持った細胞があります。この自己修復能を担っている細胞が「幹細胞」です。幹細胞はダメージを受けた組織を補充する能力や、非常に小さい受精卵から成長して神経や臓器などに分化することが出来る能力がある万能細胞と考えられています。

幹細胞を用いた再生医療は、患者様の体外で人工的に培養した幹細胞等を体内に点滴などで移植することで損傷した臓器や組織を再生し失われた生体機能を回復させる治療です。近年、幹細胞の培養過程で得られる幹細胞培養上清・エクソソームが幹細胞治療と同等の効果があると期待されています。


間葉系幹細胞による組織修復とエクソソームの役割

中胚葉由来の間葉系幹細胞(mesenchymal stem cells;MSC)は、さまざまな種類の細胞に分化することができる多分化能をもつ幹細胞です。これらは障害を受けた組織の修復をサポートすることが知られ、損傷組織の維持や機能回復に重要な役割があり、多くの疾患領域で臨床研究が実施されています。さらに近年の研究から幹細胞による組織修復作用には、放出されたMSC-エクソソームが同様に関与していることが明らかになってきたことから、幹細胞を用いるよりも、精製したエクソソームを使用した細胞フリーな治療で、より副作用の少ない安全かつ効果的な再生医療の可能性が期待されています。

  • 幹細胞は再生医療の鍵ともいわれる重要な働きをもつ細胞であり、分化能と自己修復能の二つの能力を持ち、身体のあらゆる部位を修復・再生することができます。
  • 間葉系幹細胞由来のエクソソームが幹細胞同様に組織修復作用に関与していることから、細胞フリーでより安全な治療の可能性が期待できる。

ヒト幹細胞培養上清液・エクソソーム

ヒト幹細胞培養上清とは、間葉系幹細胞(MSC)を培養する過程で細胞から生み出された生理活性物質を含む上澄み液を抽出したものです。500種類以上の成長因子やサイトカインなどの生理活性物質が、内在性の幹細胞を患部に誘導し、組織の修復・再生や細胞の機能回復を促す効果があります(パラクライン理論)。このうち、エクソソームは最も重要なファクターであり、効果を高めるキーマンとされています。美容医療、老化予防、疾病予防、慢性疾患の症状軽減など様々な効果が期待されています。

  • 幹細胞から分泌されるサイトカインや成長因子などのたんぱく質、エクソソームなどが豊富に含まれており、細胞の機能回復に重要な役割を果たします。

エクソソーム(Exosome)とは

エクソソームの研究は1980年代に始まり、およそ40年の歴史があります。1983年にJohnstoneらが脂質二重膜構造を有する100nmほどの小胞が細胞から分泌されることを発見し、1987年にエクソソームと名付けました。1996年に免疫機能とのかかわりが指摘され、2007年にエクソソームに核酸(miRNA)が内包されていること、その核酸が他の細胞に移動することが発見されたことで研究のブレイクスルーとなり、それ以降は生命現象や疾患との関連、医療応用へと幅広く研究が活発化しています。

エクソソームは直径50〜150nm(ナノメートル:10億分の1メートル)の細胞外小胞(EV:extracellular vesicle)で細胞外に分泌される小胞です。内部にはmiRNA、mRNAやタンパク質など多くの物質を含んでおり、細胞間の情報コミュニケーションを担っていることがわかり近年注目を集めている物質です。

  • エクソソームには細胞間のメッセンジャーとして、細胞外に放出されたエクソソームが受け取る側の細胞に情報を伝達する
エクソソームが体液に乗って全身に移動する図

エクソソームの働き

間葉系幹細胞から分泌されたエクソソームは損傷を受けた細胞に集まり、内包する遺伝子等の働きで、標的となる細胞を活性化させることで炎症を抑え、細胞の修復を自力で回復できるように働きかけます。再生医療分野で注目されるエクソソーム点滴は、体内にエクソソームや生理活性物質を効率よく取り込むことで、細胞の生まれ変わりが活性化し再生を促します。そのため加齢によって引き起こされるさまざまな不調を改善することが効果があります。

  • エクソソームは細胞間の伝達によって保護的な役割や生体の恒常性維持を担っている
  • エクソソームはケガや病気になった部位に修復の指示を出す
  • エクソソームは美容医療、老化予防、疾病予防効果、慢性疾患の症状軽減の効果がある

エクソソーム点滴治療が効果的な理由

年齢による幹細胞の数値

幹細胞は生まれたときに60億個以上あるものの、年齢とともに減少し40代では約3億個に、60代ではわずか約1.5億個に減少してしまうことがわかっています。年を重ねるごとに体へ不調が起きやすくなる原因は、幹細胞が減少したり、幹細胞の活動が低下したりすることが原因といえます。幹細胞が減少すると、細胞間のコミュニケーションが少なくなり、細胞の活動性の低下につながるとされています。

エクソソーム点滴治療では、体内にさまざまな成長因子を含んだエクソソームを効率よく取り込むことが可能で、「若いころのように力が湧かない」「肌の老化が気になる」などの悩みをかかえていらっしゃる人は特に治療効果を感じやすいでしょう。

  • 幹細胞が減少すると、細胞の活動性の低下から老化につながり、体へ不調が起きやすくなる
  • エクソソーム治療で加齢にともなう幹細胞の減少を補うことができる

こんな方にオススメ!

● 敏感肌・乾燥肌を改善したい
● キメが整ったつややかな肌になりたい
● ハリ不足・小ジワが気になる
● くすみ・色ムラが気になる
● 肌の赤み・ニキビ跡が気になる
● アトピー性皮膚炎に悩んでいる
● ニキビ・肌荒れを改善したい
● 効果的な美肌治療を受けたい
● ダウンタイムが少ない施術を探している
● なかなか疲労感が回復しない
● 活力を取り戻したい
● 免疫力をアップさせたい
● 慢性疲労や腰痛、肩こりに悩んでいる
● 不眠症、更年期障害を改善させたい
● 薄毛や抜け毛の改善、毛髪の再生

再生医療の応用

  • 美容医療・皮膚科疾患(肌再生・美肌効果、アンチエイジング、脱毛症、ニキビ、乾癬など)
  • 膠原病・免疫関連疾患(自己免疫疾患、関節リウマチ、アトピー性皮膚炎など)
  • 神経変性疾患(パーキンソン病、脊髄小脳変性症、アルツハイマー病など)
  • 心血管疾患(心筋梗塞、心不全、心保護作用など)
  • 呼吸器疾患(特発性肺線維症、COPDなど)
  • 糖尿病・代謝性疾患(インスリン分泌調整、NASH、肝硬変など)
  • 腎疾患(慢性腎臓病、腎不全など)

体内を循環するエクソソームは内部にmiRNA、mRNAといった核酸やタンパク質、脂質、代謝物などの分子を含んでおり、疾患特異性があると考えられており、生物の恒常性維持や病態形成への関与、ドラッグデリバリーシステム(DDS)への応用、診断・治療効果予測・予後予測のバイオマーカーへの臨床応用、さらにはこれまで有効な治療法がなかった疾患を中心に、エクソソームを応用した治療法の開発が進められています。

正常なエクソソームの作用を回復・増強させる、治療効果のあるエクソソームを治療薬として使用する、有害やエクソソームの機能を阻害するという3つの方針でまだ具体的な実用化の段階ではありませんが、さまざまな医学研究や臨床試験が行われています。


1,神経変性疾患に対するエクソソーム治療

神経変性疾患とは、何らかの原因により脳や脊髄の神経細胞が徐々に失われ、物忘れが多くなったり(認知症)、手足がうまく動かせなくなったり、体のバランスがとりにくくなったり、筋力が低下(運動障害)する病気です。これらの多くは、まだ原因がよくわかっていない難病であり、いずれも有効な治療法に乏しいのが現状です。しかしこれまで原因不明とされてきたアルツハイマー病、パーキンソン病、脊髄小脳変性症、ハンチントン病、筋萎縮性側索硬化症(ALS)など多くの神経変性疾患は、近年の分子遺伝学の目覚ましい進歩により分子病態の解明が急速に進んでいます。

神経変性疾患研究を学ぼう1;神経変性疾患にせまる;Learning at the Bench

最近では、これらの多くの神経変性疾患は、疾患により原因タンパクは異なるものの、いずれも異常なタンパクが神経細胞内に蓄積して神経変性が引き起こされることで、認知症や運動障害などのさまざまな神経症状を発症すると考えられています(ミスフォールディング病)。

神経変性疾患研究を学ぼう1;神経変性疾患にせまる;Learning at the Bench

その一方で、生体内にはHsp60、Hsp70、Hsp90、Hsp100などのヒートショックタンパク質ファミリーの分子シャペロンと呼ばれる防御因子が備わっています。それぞれの細胞内で神経変性疾患関連の異常タンパクが凝集し蓄積してしまうのを抑制するとされています。

このシャペロンは、エクソソームに包まれて細胞から分泌されていることが分かりました。エクソソームは細胞間での伝達によって保護的な役割や生体の恒常性維持を担っていると考えられており、この働きを利用して神経変性疾患の症状進行の抑制、さらには新規治療薬の開発、診断のバイオマーカーの開発が期待されていて、さまざまな研究が現在進められています。

  • 神経変性疾患の発症メカニズムは「異常タンパクの蓄積による細胞の機能障害」とされる。
  • 異常タンパクの蓄積が、神経変性疾患の発症や症状の進行(認知症や神経障害など)に関わっている。
  • シャペロンというタンパクが、細胞内で異常タンパクの蓄積を未然に防ぐ。
  • シャペロンはエクソソームによって細胞間を伝播し、周辺細胞の異常タンパクの蓄積を防ぐ。そのためさまざまな神経症状の進行を抑えると考えられている。
  • エクソソームは生体細胞間での伝達によって生体の保護的な役割を担っており、この働きを利用して神経変性疾患の症状進行の抑制や新たな治療薬の開発が期待されている。

2.心血管疾患に対するエクソソーム治療

3.糖尿病・代謝性疾患に対するエクソソーム治療


製剤の特徴

⒈ ヒト脂肪由来幹細胞培養上清液(エクソソームプレミアム)

安全な製造工程

完全日本製で日本国内自社細胞加工所で特殊細胞培養を行っています。製造工程に使用されている培地及び試薬には、動物由来タンパク質等を用いていないため安全性が確保されています。また培養からフリーズドライ加工、製品化まで一貫して同工場で製造しているため、高い安全性、有効性、品質管理を保持しています。

高い有効成分含有量

独自の培養技術「3D培養」によりエクソソームをしっかり発現しており、高濃度抽出なので成長因子を多く含んでおり、1mlあたり1000億個のエクソソームを含有しています。


⒉ ヒト子宮内膜由来幹細胞培養上清液(エクソソームスペシャル)

安全な製造工程

製造工程においてGMP(Good Manufacturing Practice)に準拠したセルプロセシングセンターにおいて製造されており、製造工程に使用されている培地及び試薬には、動物由来タンパク質等を用いていないため安全性が確保されています。R&R社が開発した特許出願中の特殊な培地によって子宮内膜由来間葉系幹細胞から精製されます(独自開発のビタミン豊富な培養液を使用しています)。精製されたエクソソームは凍結保存されます。この凍結培地には通常使用されるDNAメチル化剤、極性溶媒、高粘度・高スモーラ溶液などの有害なクライオプレザベーション(凍結保存・冷凍保存)剤を含んでいないため通常の凍結培地より安全です。

高い有効成分含有

高濃度で1バイアルあたり50億個以上のエクソソームを含有しています。


副作用がほぼなくダウンタイムも少ない

エクソソーム投与に関連した副作用は現在のところ重篤な副作用はほとんど報告されていません。ごく稀にアレルギー素因や薬物過敏症の既往歴のある方にアレルギー反応や薬疹、アナフィラキシーを起こすおそれがあります。

施術の特徴

① エクソソーム点滴

高濃度エクソソームを静脈点滴で投与します。エクソソーム治療では体内に幹細胞を効率よく取り込むことで、細胞の活性化・体の再生を促します。そのためさまざまな不調を改善することが効果があります。

1回の治療でも効果を実感しやすいですが、エクソソーム治療は一定期間継続することで効果が得られるため、定期的な治療を継続することがおすすめです。

② エクソソーム肌再生(メソセラピー)

高濃度エクソソームをウルティムガンを用いて全顔に局所注射します。

1回の治療でも効果を実感しやすいですが、エクソソーム治療は一定期間継続することで効果が得られるため、通常3~5回の治療を推奨しています。

③ エクソソーム毛髪再生(メソセラピー)

高濃度エクソソームをウルティムガンを用いて頭皮の気になる箇所に局所注射します。

薄毛の状態により個人差がありますが、効果は投与3~4回目以降から徐々に発毛効果が見られることが多いとされます。エクソソーム治療は一定期間継続することで効果が得られるため、通常5~6回の治療を推奨しています。その後は3~6ヵ月での定期的な治療を継続することがおすすめです。


【推奨ペース】

①健康維持やアンチエイジングを目的とする場合

  • 1か月に1回から開始してください。

1回の治療でも効果を実感しやすいですが、高い効果を発揮させるために3~5回の施術を受けていただくことをおすすめしています。以後、定期的な治療を継続することがおすすめです。

②症状や疾患への治療を目的とする場合

  • 1か月に1~2回から開始してください。

1回の治療でも効果を実感しやすいですが、高い効果を発揮させるために3~5回の施術を受けていただくことをおすすめしています。以後、定期的な治療を継続することがおすすめです。

施術の流れ

カウンセリング

お肌の状態やお悩みについてカウンセリングさせていただきます。

洗顔

洗顔して、メイクを落としていただきます。

施術

点滴療法、ウルティムガンを使用しての局所注入(メソセラピー)をお選びいただけます。

副作用・ダウンタイム

エクソソーム点滴治療のリスクや副作用、注意点

  • エクソソームは生体分子なので、異物である合成製剤などと比べると安全性は高いです。
  • ごくまれに点滴による感染症や神経損傷が生じることが報告されています。
  • 生体分子の成分を注入するため、点滴後は献血ができなくなります。

治療がお受けできない方

  • 悪性腫瘍の治療中の方
  • 活動性の癌または過去6ヶ月以内に寛解した方
  • 過去3カ月以内に免疫学的薬物毒性を示した方
  • 過去に製剤に対する過敏症が認められた方
自己脂肪組織由来幹細胞治療

自己脂肪組織由来幹細胞治療とは

ノアクリニックでは再生医療にも力を入れており、患者様ご自身の細胞から幹細胞を培養して投与する幹細胞治療を行っています。自己脂肪組織由来幹細胞治療は、ご自身の腹部の脂肪組織から採取し培養した幹細胞を体内に戻すことで本来持っている自己修復能力を高める治療です。傷ついた部位の修復や、老化により壊れやすくなった毛細血管および血管壁を修復します。

間葉系幹細胞は、多様な細胞に分化できる能力を持ち、サイトカインを生成しコラーゲンの増生作用として働いたり、様々な細胞を活性化することが分かっています。また自身の損傷部位を発見するとともに、様々な成長因子を放出することで組織の保護と再生し、細胞を補充する機能細胞となりうる性質を持っています。

幹細胞が、損傷組織を自動修復する効果をホーミング効果といいます。壊れた組織から信号が送られコミュニケーションツールであるエクソソームにより、細胞間で伝達され幹細胞が集まります。幹細胞が分泌する活性因子が損傷組織を修復・再生しています。

これまで改善が難しいとされていた様々な症状・症例について幹細胞の特性を利用することで、治療効果があることが多数報告されており、様々な効果が期待できます。効果の現れ方は個人差がありますが、およそ3~6ヵ月で実感ができ、大きな副作用の心配もほとんどありません。

  • 幹細胞の効果;免疫制御、血管新生、線維化抑制、組織の増殖・分化、細胞の修復

当クリニックが提供する第二種再生医療の詳細

  • 皮膚細胞老化による加齢性変化(シワ、シミ、たるみ、陥没など)に対する自己脂肪組織由来幹細胞を用いた局所注射療法

ご自身の脂肪を採取し培養した脂肪由来の間葉系幹細胞を直接注射することで、顔や首などのシミ、くすみ、シワ、たるみといった皮膚の加齢性変化やニキビ跡(ざ瘡瘢痕)の症状改善効果が得られる再生医療です。拒絶反応などのリスクもなく非常に安全性の高い治療になります。

  • 再生医療の提供を行う医療施設、細胞培養加工施設について

再生医療等安全性確保法により定められ、その治療の妥当性・安全性・医師体制・細胞加工管理体制を特定認定再生医療等委員会により厳しく審査されます。治療提供計画が厚生労働省に受理された医療機関のみに許可された医療です。当クリニックは審査を通過の上、第二種再生医療等提供計画を厚生労働省へ提出し、計画番号を取得した医療施設になります。また幹細胞の培養には熟練した培養技術が必要となります。当クリニックはグランソール奈良免疫研究所という日本でも有数の培養技術を誇る施設に培養委託を行い、高品質な幹細胞を提供いたします。


治療の流れ

1, カウンセリング

お肌の状態やお悩みについてカウンセリングさせていただきます。

2, 脂肪採取 

脂肪は腹部あるいは臀部、その他の脂肪採取が可能な部位より採取します。局所麻酔下に小切開(1-2cmほど)して、脂肪を採取します。

3, 幹細胞の培養 

脂肪採取後は、細胞培養加工施設に輸送し培養を行います。 期間は4週間ほどになります。(培養が順調に進まない場合、培養を中止することがあります。この場合、脂肪採取をやり直すことになりますが、その際の追加費用は発生しません)

4, 幹細胞の投与

治療部位に皮下注射します。

5, 術後の経過観察

定期的に(1ヵ月、3ヵ月、6ヵ月を目安)診察を行い、治療の経過を確認します。もともとの程度によっても効果の経過は異なりますが、おおよそ投与後3~6ヵ月で効果が実感できます。


こんな方にオススメ!

  • 小ジワが目立つ
  • 顔がたるんできた
  • ほうれい線が目立つ
  • お肌にハリがない
  • くすみが気になる
  • シミが気になる
  • 繰り返すニキビ
  • 毛穴の開き、汚れ
  • 乾燥肌・敏感肌

料金

料金の詳細については、直接お問い合わせください。

施術料金

初診料
再診料・手技料・処方料
2,200円
1,100円
※下記の料金や内容につきまして予告なく変更させていただく場合がありますのでご了承ください。

エクソソーム(幹細胞培養上清液)


脂肪由来幹細胞培養上清液;エクソソームプレミアム
品目数量税込価格
エクソソームプレミアム点滴 1バイアル (2.0ml)
2バイアル (4.0ml)
3バイアル (6.0ml)
5バイアル (10.0ml)
66,000円
122,000円
176,000円
275,000円
プレミアムセット
(1バイアル×5回分 or 10回分)
5回分 (10%OFF)
10回分 (15%OFF)
297,000円
561,000円
エクソソーム肌再生治療(皮下注射)2.0ml毎66,000円
エクソソーム毛髪再生治療(頭皮注射) 2.0ml毎66,000円
麻酔クリーム(ご希望の場合)3,300円


子宮内膜由来幹細胞培養上清液;エクソソームスペシャル
品目数量税込価格
エクソソームスペシャル点滴 0.5バイアル (3.0ml)
1バイアル (6.0ml)
104,500円
198,000円
スペシャルセット
(1バイアル×4回分)
6.0ml×4回分 (12%OFF)696,960円
エクソソーム肌再生治療(皮下注射)2.0ml毎66,000円
エクソソーム毛髪再生治療(頭皮注射) 2.0ml毎66,000円
麻酔クリーム(ご希望の場合)3,300円

内科・呼吸器内科

予約優先
診療時間
09:00 - 12:00
17:00 - 19:00

▲:第4土曜日は休診日です

美容皮膚科

完全予約制
診療時間
09:00 - 19:00
09:00 - 17:00

:第4土曜日、第2・第4日曜日は休診日です

診療所名 ノアクリニック│NOA CLINIC
所在地 〒639-0265 奈良県香芝市上中2002-1
電話番号 0745-43-6558
アクセス 電車をご利用の場合:JR志都美駅から徒歩1分
自家用車をご利用の場合:西名阪香芝インターから2分(駐車場5台)