奈良県香芝市の内科医療と美容医療のかかりつけ医
内科・呼吸器内科・美容皮膚科|ノアクリニック|NOA CLINIC

ピコレーザー(ディスカバリーピコプラス)

最新型ピコレーザーマシンで肌を若返らせる

ディスカバリーピコプラス(Discovery PICO PLUS)は、イタリアのQuanta System社製の3種類の波⾧(532nm, 694nm, 1064nm)を搭載する次世代ピコレーザーです。

  • 波長   532nm/694nm/1064nm
  • パルス幅 532nm :370ピコ秒/694nm:30ナノ秒/1064nm:460ピコ秒

従来のQスイッチレーザーは照射時間(パルス幅)がナノ秒であるのに対し、ピコレーザーはさらに短いピコ秒というパルス幅のため、光熱反応(photothermal effect)ではなく、衝撃波・光機械的反応(photomechanical effect)が主となる。このピコレーザーの衝撃波で照射部位のメラニン色素を破壊するため、周囲の細胞が傷つきにくく、熱ダメージの少ない肌に優しいレーザー治療が可能となりました。Quanta 社独自のピコテクノロジーにより他社製品と比較するとピークパワー(最大出力)の強さやスポットサイズが大きい超高性能なピコレーザーとなっています。

濃く目立つシミはもちろん、対応が難しい薄いシミにも効果を発揮します。そばかす・肝斑などの美白効果、毛穴やニキビ跡など肌質改善や美肌効果、カラータトゥーの除去なども可能です。3種類の波長を組み合わせた様々な治療で、より効果的にお肌全体をケアしてお悩みを解消します。

3種類の波長、多彩な照射モードで皮膚全層の治療に対応

ピコレーザーでは、角層バリア機能の保護から、表皮・真皮までの皮膚全層を健康的にきれいにしていくカスタマイズ治療が可能です。


表皮の治療

  • 肝斑や色素沈着では、メラノサイトの活動性をコントロールして表皮のメラニン沈着を主体にトーニングで顔全体を明るくしていきます。
  • 日光黒子・老人性色素斑では、スポット/フラクショナル照射で増殖したケラチノサイトを破壊していきます。
  • ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)では、スポット/フラクショナル照射で真皮内のメラニン、メラノサイトを破壊していきます。

真皮の治療

  • フラクショナル照射で真皮コラーゲンやエラスチンを再構築・増生することで、シワ・肌理・毛穴をきれいにしていく治療です。
  • 治療の継続で真皮が改善されると、表皮のメラノサイトも安定して、結果として皮膚全層のスキンリジュビネーション効果がみられます。

こんな方にオススメ!

● シミ、そばかす、肝斑、ADMなどの美白治療
● 小じわ、ハリ、肌の若返り
● 毛穴の開きやニキビ跡の改善
● タトゥー除去

施術の特徴

ディスカバリーピコプラス(DISCOVERY PICO PLUS)

  • 肌へのダメージが少なく、炎症後色素沈着のリスクが少ない
  • ダウンタイムが軽い
  • 色素の粒子を細かく破壊できる
  • 少ない回数で治療が可能
ピコ秒単位という非常に短時間のレーザー照射で、痛みが少なくお肌にやさしい治療が可能

ディスカバリーピコプラスの4つの照射モード。お悩みや目的に応じてモードを使い分けます。


1. ピコスポット

ピンポイントでのシミ治療です。532nmの波長をピコ秒(1兆分の1秒)で気になる部分にピンポイントにスポット照射し、メラニン色素を衝撃波で粉砕していきます。1回で高い効果を得られます。

従来のQスイッチレーザーと比較すると、ピコスポットでの照射は非常に熱ダメージが少なく、炎症後色素沈着が起こりにくいことが特徴です。

濃いシミだけではなく、薄いシミにも高い効果が期待でき、ADM(真皮メラノサイトーシス)、雀卵斑などの治療も可能です。またルビーレーザーのスポット照射も可能で、状況に応じた非常に高いレベルのシミ治療が行えます。

【推奨ペース】 2~3ヶ月ごとに1~2回。


2. ピコトーニング

ピコレーザーを低出力で顔全体に照射する治療です。メラニン色素を少しずつ分解して顔全体のシミ、肝斑、くすみを薄くしていきます。定期的に治療を継続することで肌全体のトーンアップを実感していただけます。

肝斑は高出力のレーザーでは刺激が強く、かえって悪化してしまいます。肝斑の治療はまずメラノサイトの活動性を鎮静化する必要があるため、レーザー治療がファーストステップではなく、日焼け止めや日傘などでの遮光やスキンケア、トラネキサム酸やビタミンC・Eなどの内服薬や美容クリーム・ハイドロキノンなどの外用治療、美白点滴などの保存的治療の導入(プレトリートメント)が最優先となります。その後に残存する肝斑にセカンドステップとしてピコトーニングのレーザー治療があります。

ピコレーザーはピコ秒というパルス幅のため、光熱ではなく衝撃波でターゲットのメラニン色素に限定的に破壊するため、周囲の組織へ熱ダメージが少ないため、肌に優しく、肝斑の悪化もしにくく、治療効果の高いレーザー治療といえます。1064nmと波長が長いピコトーニングでは、皮膚の深いところにある肝斑にまでレーザーを届けることができるため、今まで他の肝斑治療を行っても改善が見られなかった方におすすめです。

【推奨ペース】 2週間~1ヶ月ごとに5~10回の施術がおすすめです。


3. ピコフラクショナル

フラクショナルレーザーで皮膚にごく微細なレーザー(micro laser beam)を一定の密度で点状に多数照射することで、最小な傷を修復しようとする自然治癒力によって、新しい肌に入れ替える美肌レーザー治療です。

微細に照射することでコラーゲンやエラスチンなどの美肌成分の生成を促し、ニキビ跡や毛穴の開き、小じわの改善が期待できます。従来のCO2フラクショナルレーザーに比べると、ピコフラクショナルレーザーは光熱的作用が少なく、光機械的作用による新しいフラクショナル治療であるため、肌表面ではなく、肌の内側の表皮内や真皮に空胞(LIOB)を発生させるため、表皮に影響が少なく赤みが出る程度にダウンタイムを抑えて、真皮のコラーゲンやエラスチンを再生・増生し、肌のハリ・引き締め(スキンタイトニング)、小ジワの改善、色素軽減にも効果があり、表皮・真皮の全層治療することが可能となります。他社のピコレーザーではアブレイティブな治療はできませんが、ディスカバリーピコプラスは高出力照射が可能な唯一のピコレーザーです。

フラクショナルレーザーでは照射部位に光学破壊(optical breakdown)によりプラズマが生成、膨張し、表皮内や真皮に空胞(laser induced optical breakdown:LIOB)が生じます。

LIOBの発生部位に関しては、低出力ではより深部の真皮に発生し、高出力になるにつれて真皮上層の乳頭層付近や表皮内に発生する傾向があるため、肌再生目的や通常の毛穴治療にはノンアブレイティブモードで、深いニキビ跡・瘢痕治療や厚い皮膚の毛穴治療にはノンアブレイティブモード+アブレイティブモードを併用することでより効果的な治療が可能となります。

【推奨ペース】 1~2ヶ月ごとに3~5回がおすすめです。


4. ルビーフラクショナル

ディスカバリーピコプラスはピコレーザー製品の中で唯一ルビーレーザーも搭載しています。694nmの波長は血管にダメージを与えることなく、メラニンに選択的に吸収されやすいということが特徴です。

デバイスとしてはQ-スイッチルビーレーザーでありながら、9 ㎜×9㎜の照射野に66ドット(1ドットの直径が0.5㎜)のフラクショナル状に照射することで照射密度が40%に設定されるため、過度な熱損傷を抑えることができます。またパルス幅がナノ秒発振であるため、照射部位には熱により確実なメラニンの破壊が可能であり、熱拡散が真皮にも伝わることで表皮・真皮ともにリモデリング効果が期待できます。

従来のフラクショナルレーザーよりもダウンタイムが少なく、光治療(IPL)では取り切れないシミやADM(真皮メラノサイトーシス)などの真皮層のメラニン病変の治療に効果的です。

【推奨ペース】 1~2ヶ月ごとに3~5回がおすすめです。


5. タトゥー除去

ディスカバリーピコプラスでは、ルビーレーザーを含む3種類の波長レーザーによって、全色の除去を行うことができます。ピコレーザーでは色素の粒子をより細かく破砕することでマクロファージの作用により対外へ排出されやすくなるため、少ない回数でタトゥー除去が可能となり、また従来よりダウンタイムが短くすみます。

コンビネーション治療

レーザー治療とエレクトロポレーションとのコンビネーション治療

  • ピコナJ: ピコレーザー+メソナJ
  • ルビナJ: ルビーレーザー+メソナJ

コンビネーション治療のメリット

  • 肌を保湿して乾燥を防ぐとともに、美容有効成分を浸透させることができる
  • 施術による炎症を鎮静することができる
  • レーザー治療後のダウンタイムを軽減することができる

など多くのメリットがありますので、コンビネーション治療をお薦めしています。

コース設定

  • ベーシックコース:レーザー治療の炎症鎮静、肌の保湿を主としたメニュー
  • 美白コース:メソナホワイト
  • ニキビ・毛穴コース:メソナイエロー
  • スペシャルコース:メソナピンク

上記4コースから選択できます。
詳細は エレクトロポレーション のページを参照ください。

施術の流れ

カウンセリング

お肌の状態やお悩みについてカウンセリングさせていただきます。

洗顔

洗顔して、メイクを落としていただきます。

施術

お肌の状態を確認しながらピコレーザーを照射していきます。

パック

有効成分が入ったパックで保湿・鎮静、クーリングを行います。

副作用・ダウンタイム
合併症・副作用
  • 照射直後は照射部位全体に発赤や腫脹が出ることもあります。数日で治まります。
  • 照射後から熱感が数時間続くことがあります。
  • 照射後に点状出血・水疱・痂疲・毛嚢炎が形成されることがあります。
  • 炎症後色素沈着は、もとのシミより濃くなる場合があり、3〜6ヶ月程度かけて徐々に改善してくることが多いですが、稀に残ってしまう場合もあります。
施術後の注意点
  • 治療によりますが数日間はステロイド軟膏を塗ります。
  • レーザー照射後は保湿を十分におこなってください。
  • 治療期間中は日焼け止めを使用するなど紫外線対策を十分に行ってください。
  • 治療部位の過剰な汗は組織の破綻の原因になるかもしれません。1~2日間は激しい運動は避けてください。

施術料金

初診料
再診料
2,200円
1,100円
品目数量税込価格
麻酔クリーム3,300円
リンデロンVG1本330円
ピコトーニング(全顔)初回
1回
5回
12,800円
14,300円
64,000円
ピコトーニング(首)初回
1回
5回
8,900円
9,900円
44,500円
ピコトーニング(背中)初回
1回
5回
30,000円
33,000円
150,000円
ピコトーニング(手の甲)初回
1回
5回
7,700円
8,800円
38,500円
ピコフラクショナル(肌再生)
※別途、麻酔クリーム+リンデロンVGの料金がかかります
初回
1回
5回
19,800円
22,000円
99,000円
ピコフラクショナル(ニキビ跡)
※別途、麻酔クリーム+リンデロンVGの料金がかかります
初回
1回
5回
26,400円
29,700円
132,000円
ルビーフラクショナル
※別途、麻酔クリーム+リンデロンVGの料金がかかります
初回
1回
5回
26,400円
29,700円
132,000円
ピコダブル(トーニング+フラクショナル肌再生)
※別途、麻酔クリーム+リンデロンVGの料金がかかります
初回
1回
5回
29,700円
33,000円
148,500円
ピコスポット(部分的に目立つシミ)
※別途、リンデロンVGの料金がかかります
1mm 1個
5mmまで 1個
10mmまで 1個
20mmまで 1個
30mmまで 1個
30mm以上 1個
3,300円
11,000円
16,500円
22,000円
33,000円
ご相談ください
ピコスポット(30個まで取り放題)
※別途、リンデロンVGの料金がかかります
5mm未満 30個まで66,000円
ピコタトゥー除去
※別途、麻酔クリーム+リンデロンVGの料金がかかります
〜1c㎡ 1回
1〜5c㎡ 1回
6〜10c㎡ 1回
11〜30c㎡ 1回
31〜50c㎡ 1回
51〜100c㎡ 1回
101〜150c㎡ 1回
151〜200c㎡ 1回
201〜250c㎡ 1回
251〜300c㎡ 1回
301〜350c㎡ 1回
351〜400c㎡ 1回
401c㎡〜
11,000円
22,000円
33,000円
44,000円
55,000円
66,000円
77,000円
88,000円
99,000円
11,0000円
132,000円
154,000円
ご相談ください


コンビネーション治療(ピコナJ/ルビナJ)
品目/税込価格
● +べーシックコース
レーザー治療料金 + 1回 14,300円(コンビネーションメニュー)
● +ニキビ・毛穴コース
レーザー治療料金 + 1回 16,800円(通常料金の3,000円OFF)
● +美白コース
レーザー治療料金 + 1回 16,800円(通常料金の3,000円OFF)
● +スペシャルコース(トータルアンチエイジングコース)
レーザー治療料金 + 1回 21,200円(通常料金の3,000円OFF)

内科・呼吸器内科

予約優先
診療時間
09:00 - 12:00
17:00 - 19:00

▲:第4土曜日は休診日です

美容皮膚科

完全予約制
診療時間
09:00 - 19:00
09:00 - 17:00

:第4土曜日、第2・第4日曜日は休診日です

診療所名 ノアクリニック│NOA CLINIC
所在地 〒639-0265 奈良県香芝市上中2002-1
電話番号 0745-43-6558
アクセス 電車をご利用の場合:JR志都美駅から徒歩1分
自家用車をご利用の場合:西名阪香芝インターから2分(駐車場5台)