奈良県香芝市の内科医療と美容医療のかかりつけ医
内科・呼吸器内科・美容皮膚科|ノアクリニック|NOA CLINIC

美容点滴・内服薬(メディカルダイエット他)

美容点滴
【1】高濃度ビタミンC点滴 【2】白玉点滴/美肌注射 【3】ニンニク注射 【4】エクソソーム点滴

お肌のトラブルや、体がダルいなどの体の不調などはストレス社会に生きる現代人につきものです。点滴療法は、美容や健康に必要なビタミンやミネラルなど、その方のお悩みに応じて様々な有効成分をダイレクトに体内に摂取できます。脱毛や美肌治療などの他の施術をしながらでも気軽に受けて頂くことができます。

内服薬・注射
【1】美容内服薬 【2】メディカルダイエット 【3】薄毛治療薬 【4】ED治療薬 【5】アフターピル(緊急避妊薬)


美容点滴【1】 高濃度ビタミンC点滴

高濃度ビタミンC点滴療法;アンチエイジング・美肌効果に優れた美容点滴

経口摂取より効率よくビタミンCを摂取でき、即効性がある

ビタミンCは紫外線やストレスによるメラニンの生成を抑制し、シミ・くすみ・肝斑などのお肌のトラブルを改善し、またコラーゲンの生成を促進する効果からしわ・たるみの防止になります。アンチエイジングや美肌効果に優れているビタミンCですが、最もビタミンCを多く含む食べ物のひとつであるレモンでも、1個当たりのビタミンC含有量は約20mgですので、食べ物からは満足いく効果が得られるほど大量には摂取できません。また、ビタミンCは一定の体内濃度を超えると自然に排出される性質があるため、経口摂取やサプリメントなどでも効率良く摂取しにくいものです。ビタミンCを効率良く摂取できる方法として注目されているのが高濃度ビタミンC点滴です。点滴ならば直接静脈に投与することができるため、大量のビタミンCを効率よく摂取し、血中濃度を上げることが可能です。

高濃度ビタミンC点滴の効果は長くて1週間程度です。細胞が維持できるビタミンCの量には限界があるため、一定濃度を超えると体外へ排出されてしまいます。そのためビタミンCの血中濃度を維持するためには定期的に投与することが必要となります。

抗酸化作用の高い高濃度ビタミンCを点滴にて体の血中濃度を上昇させることで、シミの原因となるメラニン色素の排出を促進する効果のほか、アンチエイジング・美肌・保湿などの美容効果、さらにはアトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー症状の改善、免疫力の向上、抗がん作用に至るまで様々な効果が期待できます。

  1. 高濃度ビタミンC(12.5g~50g):免疫力向上、体力回復、アンチエイジングや美肌効果                              
  2. 超高濃度ビタミンC(50g以上):抗がん作用

当クリニックでは品質の高い高濃度ビタミンC(英国マイラン社製)を使用しており、日本国内の多くの医療機関で使用実績があり安全性は確認されていますが、日本における医薬品医療機器等法上の承認を得ておらず、医師の個人輸入により海外から輸入した未承認薬を使用しており、自費診療となります。点滴治療の準備としてG6PD異常症スクリーニング検査の採血を行う必要があります。G6PD欠損症は日本人には稀(1,000人中数人)にある症状で、この症状がある方に高濃度ビタミンC12.5g以上の点滴を行うと溶血性貧血がおこる可能性があるためです。

【推奨ペース】

月に2~4回など定期的に受けられることをおすすめします。通常、2~3回程度受けて頂ければ効果が実感できます。

こんな方にオススメ!

● アンチエイジング希望の方
● 白く美しい肌になりたい方
● 肌の潤いを取り戻したい方
● お肌のシミ、肝斑などが気になる方
● 肌荒れを改善したい方
● すぐに風邪を引く方
● 疲れやすい方
● 抗がん治療中の方


※単体でも効果の高い高濃度ビタミンC点滴ですが、「白玉点滴」と合わせて点滴することで、より効果的に美白をしながらニキビや肌荒れ・くすみの改善が期待できます。 また、肝機能の向上や免疫力の向上の効果があります。身体の内側から元気に美しくケアをしたい方におすすめの組み合わせです。

※皮膚や粘膜を健やかに保つビオチン、肌と髪の健康を保つパントテン酸を追加トッピングすることも可能です。

施術の特徴

①コラーゲンの生成してアンチエイジング・美肌効果

高濃度ビタミンCは線維芽細胞に働きかけ、コラーゲンやエラスチンを産生します。また細胞と細胞の間を埋めているセラミドを作るよう働きかけるため、水分量が増えます。そのため肌の肌理が整い、ハリのある肌となり、たるみや乾燥による小ジワの目立たない肌をめざすことできます。

②シミ・くすみ・肝斑などの改善

高濃度ビタミンCがメラノサイトに直接作用して、メラニンの産生を抑制することでシミ、くすみ、肝斑などのお肌のトラブルを効果的に改善・予防します。また、ビタミンCにはできてしまったシミを白色に戻す還元作用があることも知られています。そのため、できてしまったシミを目立たなくする効果も期待できます。

③肌荒れ、ニキビ、アレルギー症状の改善

高濃度ビタミンCには免疫力を正常化させる作用があるため、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状の改善にも効果的です。抗炎症効果により、肌荒れの改善が期待でき、アトピーの強いかゆみを抑え、症状の改善に効果があるといわれています。またセラミドの生成を促進することで、肌のバリア機能が正常化し、肌荒れしにくくなります。

④強力な抗酸化作用によるアンチエイジング効果

老化とは体が酸化していくことです。高濃度ビタミンCは体内に取り込まれた大量のビタミンC自体が酸化することで体内の酸化を防ぎます。そのため、老化を緩やかにする効果が期待できるのです。

⑤疲労回復、免疫力向上、抗ストレス作用

ストレスは活性酸素を増加させ、疲労の原因となります。ストレスによってビタミンCを多く消費します。高濃度ビタミンC点滴では、ビタミンCの消費を効率よく補うことが可能で疲労からの回復を早め、ストレスを緩和する作用があります。また免疫機能が高まる作用から、風邪などの予防効果も期待できます。

⑥抗がん作用

アメリカで行われた臨床研究では、高濃度ビタミンC点滴による抗がん作用が証明されています。現在では多くの論文が発表されており、がんの予防・再発予防としても効果的であるとともに、がん患者の痛み・倦怠感・食欲低下・不眠などの症状を改善し、生活の質(QOL)を維持することにも効果があります。抗がん剤や放射線治療と異なり、ほとんど副作用がないため、継続しやすいがんの補助療法のひとつです。


がんに対する高濃度ビタミンC点滴療法

これまでの論文から、高濃度ビタミンC点滴療法が、がんの予防・再発予防としても効果的であるとともに、がん患者の痛み、倦怠感、食欲低下、不眠などの症状を改善し、QOL(生活の質)を維持することがわかりました。また、単独あるいは他の標準治療との併用でがんの進行抑制や縮小の報告もあります。高濃度ビタミンC点滴療法は化学療法のような辛い副作用がほとんどなく、点滴にて大量投与されたビタミンCが、がん細胞を選択的に作用することを利用したがんの代替療法の一つとされています。代替療法であって、がん標準治療にとってかわるものではありません。あくまでも標準治療の効果を高め、副作用を軽減させることが目的の補助療法です。

こんな方にオススメ!

  • がんの標準治療が無効もしくは効果が低い方
  • がんの標準治療の効果をより確実にしたい方
  • がんの標準治療の副作用を少なくしたい方
  • 体調を維持しながらがんの寛解期を延ばしたい方
  • がんの標準治療ではなく代替治療を受けたい方

 ※有効な抗がん剤や放射線治療がある場合は併用を推奨します

抗がん剤や放射線療法と併用できる治療として

ビタミンCは抗がん剤の副作用を軽減し、抗腫瘍効果を高めるというデータがあります。症状緩和の効果も臨床的に確認されています。また、栄養状態や全身状態の悪化を防ぐという点でも大きな価値があります。

栄養状態や全身状態の悪化は、抗がん剤の治療をスケジュールどおりに完遂できない要因となります。高濃度ビタミンC点滴療法を併用することで、標準治療を継続することができるような体調管理をすることができると考えられます。

【推奨ペース】

  1. 最初はビタミンC12.5gから点滴を始め、25gから50g以上へと増量します。
  2. 点滴頻度は、治療開始時は週に2〜3回で3ヶ月継続します。
  3. その後の経過で週に1回を3ヶ月継続し、その後は2週に1回で点滴継続します。
  4. ビタミンCの量と点滴頻度は病状によって変更します。
副作用・ダウンタイム
高濃度ビタミンC点滴の注意点
  • 妊娠中の方、腎臓機能が悪い方、透析中の方、G6PD欠損症の方などは受けられません。
  • 高濃度ビタミンC25g(Mylan社製)点滴の場合は初回にG6PD検査の血液検査が必要となります。

美容点滴【2】白玉点滴・美肌注射

白玉点滴(グルタチオン点滴)

白玉点滴とは、グルタチオンを主成分とした「美白・美肌」に効果的な点滴です。

グルタチオンは体内に広く分布するグルタミン酸、システイン、グリシンの3つのアミノ酸が結合したトリペプチドです。グルタチオンは日本では40年以上も前から解毒作用(デトックス効果)から、自家中毒、つわり、妊娠中毒、薬物中毒、慢性肝炎の治療に使用していた副作用も非常に少ない、安全性の高い医薬品です。薬物の副作用への治療に使われることもあり、アメリカでは抗癌剤の副作用による指先のしびれなどの治療や、パーキンソン病の機能改善と病状進行の遅延にも使用されています。

  1. 慢性疲労症候群の症状改善
  2. 重金属(水銀、鉛、有機リン)のデトックス
  3. 抗癌剤に対する末梢神経障害の予防や治療
  4. 閉塞性動脈硬化症の血流改善
  5. パーキンソン病(症候群)に対する治療
  6. レビー小体型認知症の予防や治療
  7. 多発性硬化症、進行性核上性麻痺などの神経難病の改善

グルタチオンの作用

グルタチオンには強力な抗酸化作用がありますが、年齢とともにその産生が減少します。またアルコール、タバコ、ストレス、紫外線、睡眠不足などによっても減少するとされています。

強力な抗酸化作用があるグルタチオンは肌のみならず、脳を様々な有毒物質から守る役割を担っています。またアンチエイジングの分野でも使用されています。

  1. グルタミン酸:成長ホルモンの分泌を促し、免疫力を高める
  2. システイン:メラニン色素の生成を抑制する、ターンオーバーを正常に戻す
  3. グリシン:コラーゲンを生成し美肌に導く、手足の血行を促進

白玉点滴の効果(アンチエイジング)

  • シミの原因となる「メラニン」の生成を抑える効果
  • 老化防止(エイジングケア)効果
  • 肝機能改善および保護、疲労回復
  • 二日酔いの軽減
  • 免疫力の向上
  • アレルギー症状の改善

【推奨ペース】

月に2~4回など、定期的に受けられることをおすすめします。有効成分を直接血管に注入できるため吸収効率が高く、比較的短期間で美白効果を実感できますが、体内から肌をきれいにする治療なので効果を実感するまで10回程度の治療を継続する必要があります。

こんな方にオススメ!

● アンチエイジング希望の方
● 白く美しい肌になりたい方
● 肌の潤いを取り戻したい方
● お肌のしみ、くすみ、肝斑などが気になる方
● 肌荒れを改善したい方
● 飲酒の機会の多い方

※単体でも効果の高い白玉点滴ですが「高濃度ビタミンC点滴」と合わせて点滴することで、より効果的に美白をしながらニキビや肌荒れ・くすみの改善が期待できます。 また、肝機能の向上や免疫力の向上の効果があります。身体の内側から元気に美しくケアをしたい方におすすめの組み合わせです。

※皮膚や粘膜を健やかに保つビオチン、肌と髪の健康を保つパントテン酸を追加トッピングすることも可能です。

白玉スペシャル(ハイフトーニングによるグルタチオン導入+グルタチオン点滴)

ハイフトーニングとは、ウルトラフォーマーMPTの円形ハンドピースと専用ジェルによる施術で肌の引き締めながら、全顔にグルタチオン+39種類の美容成分を肌に浸透導入させることができる美白・美肌治療です。さらにグルタチオン点滴(白玉点滴)を合わせて行うことで、体の内側と外側の両面から美白・美肌効果が得られます。


パーキンソン病に対するグルタチオン点滴

グルタチオンは脳にとって最も重要な抗酸化物質の1つであり、脳内で発生する活性酸素を消去して、脳の神経細胞を守るという大切な役割を担っています。パーキンソン病患者の脳内において、このグルタチオンが減少していることがわかっています。そこで近年、大量のグルタチオンを点滴することで脳の神経細胞の脱落や変性を抑えることで運動機能の改善するグルタチオン治療療法が注目されています。

イタリアSassari大学ではこの点滴治療で手足の振戦、筋硬直、動作緩慢、姿勢の異常や歩行障害などのパーキンソン病の症状が明らかに改善され、6〜7割の方に改善効果が期待できると報告されました。アメリカでもパーキンソン病の機能改善と病状進行の遅延を目的としてグルタチオン点滴療法が行われています。通常のパーキンソン病に対する治療薬が効かない例に対しての臨床試験も行われており、症例によっては非常に効果が認められています。日本では、自家中毒・慢性肝炎の肝機能改善等には承認を得ていますが、パーキンソン病治療においては未承認医薬品であり自費診療となります。

グルタチオン点滴の流れ

  1. グルタチオン800mgから開始し、徐々に投与量を増やしていきます。通常はグルタチオン2000mgが維持量になります(3000mgまで増量可能)。
  2. 最初の1ヶ月は週2〜3回で点滴を行ないます。有効率は40~60%で、投与1~2回の点滴で効果を実感するとされています(劇的に効果がある場合から効果が実感できない場合まで個人差があります)。
  3. 初期治療で徐々に病状の改善が認めれば、維持治療として週に1回で治療継続とします。

美肌注射

①ビオチン(ビタミンH)

ビオチンとは、ビタミンB群の一種でありビタミンHとも呼ばれる栄養素でカルボキシラーゼの働きを助ける補酵素です。

肌や髪、爪を作るために必要なケラチンと呼ばれるタンパク質の生成を助ける作用があるため、保湿成分であるコラーゲンや、セラミドの生成を促し、肌のハリやうるおいなど肌全体を健康的な状態に維持する効果、皮膚炎や抜け毛などを改善する効果が期待できます。

またビオチンは、皮膚の炎症やかゆみの原因となるヒスタミンという物質の産生を抑える働きがあり、アレルギー疾患であるアトピー性皮膚炎とビオチンの関連が注目され、皮膚のトラブルの改善やアトピー性皮膚炎の治療にも有効だと考えられています。

こんな方にオススメ!

  • アトピー性皮膚炎やさまざまな皮膚炎の改善
  • 皮膚や髪の毛、爪の健康維持
  • 脱毛や白髪の予防
  • 疲労回復

②パントテン酸(ビタミンB5)

パントテン酸は、ビタミンB群の一種でありビタミンB5とも呼ばれる栄養素で、脂質・糖質・タンパク質の代謝に関わっています。

肌のターンオーバー促進やビタミンCの働きを助けることでコラーゲンの合成を促進します。また皮膚や毛根へ栄養をあたえ、肌や髪の健康保持の役割を担っています。ニキビや肌荒れ、皮膚炎、脱毛、副腎障害、末梢神経障害、易疲労感に効果があります。

こんな方にオススメ!

  • 皮膚や髪の毛、爪の健康維持
  • 肌荒れ、脱毛や白髪の予防
  • 疲労回復

※皮膚や粘膜を健やかに保つビオチン、肌と髪の健康を保つパントテン酸を各種点滴に追加トッピングも可能です。


美容点滴【3】ニンニク注射

ニンニク注射は、ビタミンB1誘導体のフルスルチアミン(アリナミン)主成分とし、疲労回復や免疫力を高める効果があります。

体は全身のエネルギー不足に加え、疲労物質(乳酸)が体内に蓄積されることにより、疲労・倦怠感へとつながります。ビタミンB1は、摂取した糖質・脂質を効率よくエネルギーに変え、疲労物質(乳酸)を分解します。

ニンニク成分が入っているのではなく、静脈点滴中にニンニクと似た香りがすることから名付けられました。あくまで注射された本人がニンニク臭を感じるだけで息や体臭がニンニク臭くなるわけではありません。


美容点滴【4】エクソソーム点滴

当院のエクソソーム(ヒト脂肪由来幹細胞培養上清液、ヒト子宮内膜由来幹細胞培養上清液)は、成長因子を取り除くことなく濃縮し、不純物のみを極限まで除去することに成功した有効因子が高濃度に含まれる濃縮脂肪幹細胞培養上清液です。

ヒト幹細胞培養上清液は老化した細胞や傷ついた組織を再生する治療に有効なため、エクソソームの点滴治療を行えば、短時間で体内にさまざまな成長因子を含んだ幹細胞を効率よくダイレクトに体内に摂取することができます。

「若いころのように力が湧かない」「肌の老化が気になる」などお悩みの方は治療効果を感じやすいとされます。またエクソソームをメソガン・ウルティムガンで皮下に直接注射することで、肌のハリやシワの改善、シミやくすみ、ニキビ、肌質の改善など様々な効果が期待できる再生治療になります。詳細は下記ページも参照ください。

エクソソーム(幹細胞培養上清液)について


内服薬・注射【1】美容内服

1. トラネキサム酸

トラネキサム酸は止血作用、抗アレルギー作用、抗炎症作用を持つ抗プラスミン薬で、肝斑の治療において幅広く使用されています。
紫外線や女性ホルモンによって皮膚が刺激されるとプラスミンが産生されます。このプラスミンはメラノサイトを活性化させる作用があり、シミや肝斑の原因となります。

肝斑ではプラスミンによりメラニン産生され、かつ真皮に炎症反応が生じています。トラネキサム酸の内服治療では、メラノサイト活性を抑制し、シミや肝斑が改善します。また抗炎症作用によって、美白効果だけでなく、炎症後の色素沈着を抑えるため、レーザー治療後に内服することで炎症後色素沈着(PIH)を和らげる効果もあります。

  • メラノサイトの活性化を抑制し、メラニン産生を抑える
  • 美白効果
  • レーザー治療後の炎症後色素沈着の予防
  • 咽頭痛や口内炎の改善
  • 止血効果

肝斑に対する保存的治療

肝斑に対してのトラネキサム酸内服治療は1~4ヶ月程度で効果が出てくることが多いです。早ければ2週目から肌が明るくなったなどの色調の変化を感じる方もいます。内服期間としては約6カ月を目安に継続します。その後は一度休薬の期間を設けて、永続的に内服継続するのは避けた方がいいと考えられています。

これはトラネキサム酸内服に伴う副作用として血栓症の可能性があるためです。ただし低用量の内服治療(750mg/日)では血栓症を合併する可能性は極めて低いですが、血栓症のリスクが高いと指摘されたことがある方は使用を控えた方がよいと考えます。また喫煙やピル内服によっても血栓傾向が高くなる可能性があります。以下に当てはまる方は診察時にご相談ください。

  1. 血栓症のリスクのある方
  2. 脳梗塞や心筋梗塞の既往歴のある方
  3. 妊娠中の方・授乳中の方
  4. ピル内服中の方

2. シナール配合錠

シナールは、アスコルビン酸(ビタミンC)を主成分とした内服薬です。

アスコルビン酸(ビタミンC)とパントテン酸カルシウム(ビタミンB5)が配合されており、アスコルビン酸はメラニンの生成抑制、抗酸化作用による美肌効果やコラーゲンの生成促進、パントテン酸カルシウムがビタミンCのはたらきを助けます。また既に蓄積されたメラニンに直接作用して還元する作用があるため色素沈着の改善にも効果があります。ビタミンCとEの併用内服療法でより効果が高いと報告されています。

  • シミ・そばかす・日焼けなどによる色素沈着の改善
  • 美白効果
  • ニキビなどの皮膚の炎症の改善
  • 疲労回復

3. ユベラ

ユベラは、トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE)を主成分とする内服薬で、抗酸化作用と肌のターンオーバーを促進する効果があります。

肌のターンオーバーが正常化すると皮膚の表皮と真皮の間の基底膜で作られたメラニンが排出されやすくなるため、シミ・そばかす・色素沈着を改善する効果があります。また抗酸化作用により、紫外線などが原因で発生した活性酸素を抑えることで肌の老化を防ぎます。ビタミンEには血流を改善させる作用があるため、血行不良が原因で起こるしもやけや手足の冷え、肩こりの改善にも効果的です。

  • シミ・そばかす・日焼けなどによる色素沈着の改善
  • 血行不良によるしもやけ改善
  • 冷え改善
  • 肩こり改善
  • コレステロールや中性脂肪の改善

4. ハイチオール

ハイチオールは、アミノ酸の一種であるL-システインが主成分として配合されている内服薬です。

メラニン色素の生成を抑えてシミを改善します。ターンオーバーを正常化させる作用により、メラニンの排出を促進し美白効果があります。また毛穴つまりやニキビの改善も期待できます。身体の代謝を活発にする作用があるため、蕁麻疹や二日酔いを改善することもできます。

  • ターンオーバー促進による美白効果
  • シミ・そばかす・日焼けなどによる色素沈着の改善
  • 蕁麻疹などの肌トラブル改善
  • ニキビ・ニキビ跡の改善
  • 疲労回復
  • 二日酔い改善


内服薬・注射【2】メディカルダイエット

メディカルダイエット

メディカルダイエットでは、食欲抑制作用や満腹感持続により食べ過ぎることや間食を制限することができるため、自然と摂取カロリーや食欲が減ることからストレスを感じにくく体重減少効果が期待できます。健康的にダイエットを継続するためにタンパク質やビタミンなどの必要な栄養素の摂取不足には注意が必要です。

ダイエットは短期間に結果を出すことにこだわるよりも、適切なサポートで計画的に体重を減らし、日常生活の食事量や食事内容を見直し、数カ月かけてその食生活の変化に適応するようにしていくことが大切です。

こんな方にオススメ!

  • 自力ではダイエットが続かず、ダイエットへのモチベーションが保てない方
  • 年齢とともにやせにくくなってきている方
  • 内臓脂肪が多い方
  • オゼンピックやリベルサス等の他のGLP-1ダイエットで効果が実感できなかった方

メディカルダイエットの導入からメンテナンスまでトータルサポート

GLP-1ダイエットをまずは3ヵ月間を目安に治療することでダイエットを無理なく継続し、その後は体重経過によりますが、リバウンドしにくい体質や生活習慣を手に入れるためにメンテナンスダイエットへの移行も可能です。GLP-1ダイエットからメンテナンスダイエットまでトータルサポートが可能です。


1.マンジャロ(GLP-1ダイエット)

マンジャロ(チルゼパチド)は、グルコース依存性インスリン分泌刺激ポリペプチド(GIP)とグルカゴン様ペプチド-1(GLP-1)の2つの受容体に作用する世界初の持続性GIP/GLP-1受容体作動薬です。

オゼンピックやリベルサスはGLP-1単独の作用であるのに対して、マンジャロはGLP-1受容体とGIP受容体の両方に作用することでより効果が高まり、食欲減退や満腹感持続による体重減少効果がさらに高いことが報告されています。

GLP-1は、食事をとると小腸から分泌されるホルモンです。食事摂取後の血糖値の上昇に対して膵臓からのインスリンの分泌を促進します。

  1. 食事摂取後まず分泌されるのがGLP-1で、次にインスリンが分泌されます。
  2. GLP-1をコントロールすることで食後の血糖上昇を抑制します。
  3. GLP-1には摂取された食べ物を胃から小腸への移動を遅らせる作用があります。このため空腹感を抑制し、満腹感を持続させることにより、食事量が減り、さらには体重減少させます。
  4. その他、全身にさまざまな作用をもたらします。
  5. 脂肪に働きかけ、代謝亢進により脂肪肝を改善します。
  6. 免疫系や腎臓にも有益に働くことで余分な水分、塩分を排出させる効果もあります。
  7. GLP−1は血糖値が高い時にだけ反応するため安全で効果が期待できる薬剤です。

GIPは、膵臓で分泌されるホルモンであり、食事摂取後に血糖値の上昇に対してインスリンの分泌を促進します。

  1. マンジャロがGIPの分泌を刺激するため、血糖管理を行うことができます。
  2. 脳(中枢)に働きかけ、食欲を生理的に無理なく抑えることができます。

マンジャロは週1回投与の皮下注射製剤で、導入は2.5mgから開始し、4週投与後5mgに増量可能です。状態に応じて増減が可能で、最大で15mgまで増量可能です。

糖尿病治療薬として承認されていますが、ダイエット治療としては保険適応でないため自費診療になります(なおGLP-1受容体作動薬はアメリカ合衆国のFDAでは肥満症治療の適応で承認されています)。

胃腸障害等の発現の場合の対処方法

  • 本剤の減量又は漸増の延期
  • 1回あたりの食事量を減らす
  • 満腹感を感じたら食事をやめる
  • 対症療法薬(制吐薬、止瀉薬など)を内服する
  1. 内科クリニックであることから、マンジャロでのダイエットを安全に導入サポートすることができ、副作用の出現時にも内科専門医による診察・治療が可能な万全の体制となっております。
  2. 食事療法や運動療法と上手く組み合わせて、「食事量が減る」「食事の内容が変わる」といった食行動の変化からダイエットを無理なく継続することができます。
  3. 食欲抑制作用により食事量は減りますが、タンパク質やビタミンなどの必要な栄養素の摂取不足には注意が必要です。適切なサポートでまずは3ヵ月を目安に継続することがおすすめです。

2.リベルサス(GLP-1ダイエット)

リベルサス(セマグルチド)は、2型糖尿病治療薬として承認を受けたGLP-1受容体作動薬で、経口内服薬です。自分で注射をするのが苦手で内服薬から開始したい方におすすめです。リベルサスを内服することで食欲を抑え、自然と摂取カロリーが減ることで減量効果が期待できます。

内服の注意点としては、薬剤吸収が胃の内容物により低下します。そのため1日のうちの最初の食事・飲水の前に、空腹の状態でコップ約半分の水(約120mL以下)で服用し、服用後少なくとも30分は、飲食及び他の薬剤の経口摂取を避ける必要があります。

初回投与量は3mgから行い30日後に7mgへ状態をみながら増量していきます。その後は状態を確認しながら、7mgを内服開始し30日後に、14mgへ増量ないし7mgの内服継続をしていくこととなります。糖尿病治療薬として承認されていますが、ダイエット治療としては保険適応でないため自費診療になります。


3.メトホルミン(メンテナンスダイエット)

メトホルミン(ビグアナイド系薬剤)は、ヨーロッパで何世紀ものあいだ薬草として使われてきたフレンチ・ライラックという植物由来の分子で、ビグアナイド系薬剤に分類される2型糖尿病治療薬で全世界的に第一選択薬となっています。

メトホルミンが近年ではエイジングケア効果があることが注目されています。老化の原因になる活性酸素の抑制や、心血管疾患の発症リスク減少など、老化を防ぐとともに健康寿命を延ばす効果が示されたことから多くの臨床研究が進められています。

メトホルミンのアンチエイジング作用

  1. 心血管リスク低減
    血中脂質を下げ、心血管疾患の発症リスク減少・血管保護作用
  2. 抗がん作用
    がん細胞の生成抑制や除去
  3. 老化防止
    老化の原因になる活性酸素を抑制し肌の老化を防止
  4. 腸内環境の改善
    腸内フローラを変化させ酪酸産生を増加、多くの症状を抑制
  5. 長寿に関係する機能を向上                              長寿遺伝子とも呼ばれているサーチュイン遺伝子(SIRT1)を活性化          活性酸素を除去、損傷した遺伝子を修復し細胞の老化を防止

メンテナンスダイエット

メンテナンスダイエット薬としてのメトホルミンのメリットは、ダイエット後のリバウンドが少なく体重を維持することができるという点です。

GLP-1ダイエット治療で減量できたとしても、従来の生活習慣を変えなければ、いずれリバウンドしてきます。メトホルミン内服による直接の体重減少効果は1ヶ月あたり0.3~1.0kg程度とマイルドな減量効果ですが、過食を抑えられることでリバウンドを抑え、体重をキープする効果があります。メンテナンスダイエットでリバウンドを軽減するとともにアンチエイジング効果も期待できます。

メトホルミンのメンテナンスダイエット作用

  • 減量効果は1ヶ月あたりで0.3~1kg程度だが、体重をキープする効果あり。
  • GLP-1の分泌量を増やす効果があります。過剰な食欲を抑え、食べ過ぎを予防します。
  • 胃の蠕動運動を抑制して食物が胃に残る時間を長くするため、満腹感が持続する効果もあります。
  • 余分な糖分を便に排出することで減量しやすくなります。
  • ダイエット中に減りがちな筋肉量を維持して、脂肪の燃焼を促進します。

内服薬・注射【3】薄毛治療薬

ザガーロ/デュタステリド

男性型脱毛症(AGA)の内服治療薬

ザガーロ(デュタステリド)は、もともと前立腺肥大症の治療薬として開発され世界中で普及していましたが、AGA治療にも効果的であると考えられたプロペシアに次ぐ第二のAGA治療薬です。AGAの原因である5αリダクターゼの働きを抑える効果があるため、ジヒドロテストステロン産生を抑制する結果として薄毛や抜け毛を改善する効果が見込まれます。

5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型の2種類があります。プロペシアが「5αリダクターゼⅡ型」のみに作用するのに対し、ザガーロ(デュタステリド)は「5αリダクターゼⅠ型・Ⅱ型」両方を阻害します。またプロペシアの半減期(血中の有効成分濃度が半分になる期間)が6〜8時間に対し、ザガーロ(デュタステリド)の半減期は約2週間であり、ザガーロのほうが体内に有効成分が長く留まるため、高い治療効果が期待されています。

毛母細胞が死滅していると発毛効果が見込めないため、早期から治療開始する必要があります。ザガーロ(デュタステリド)0.5mgを1日1錠内服、3〜6ヶ月程度で発毛効果がみられます。

副作用としては、性欲減退、精液量減少、皮膚症状、肝機能障害、乳房圧痛、乳房肥大などが数%未満で報告されています。


パントガール

世界で初めての女性用の薄毛治療薬

男性の薄毛治療薬であるフィナステリドやデュタステリドは女性には使用できません。パントガールは、栄養素を補うだけのサプリメントとは違い、ドイツで開発され、健全な発毛促進、髪の質や抵抗力の改善などの有効性が実証されているもっとも有名な女性用の薄毛治療薬でびまん性脱毛症や分娩後脱毛症、白髪予防、薄毛に有効です。

有効成分

  1. パントテン酸カルシウム 60mg;ビタミンB5とも呼ばれるもので、毛髪や皮膚、神経組織を健康に保つ働きを持つ成分です。
  2. ケラチン 20mg;毛髪を構成する主成分のタンパク質です。ハリ・ツヤのある毛髪に導きます。
  3. ビタミンB1 60mg ;美肌ビタミンのひとつで、毛髪の細胞の働きをサポートする成分です。
  4. L-シスチン 20mg;毛髪を構成するアミノ酸で、髪の毛を健康に保ち、皮膚や爪の角質層のコラーゲン形成を促進します。
  5. パラアミノ安息香酸 20mg;アミノ酸の1種でパントテン酸の働きをサポートし、白髪にも効果的です。
  6. 薬用酵母 100mg ;ビタミンB群やたんぱく質などを含み、毛髪・頭皮・皮膚・爪を育成する成分を含みます。

有効成分が頭皮に栄養を行き渡らせて頭皮の環境を整えることで、脱毛による髪の減少、健康な発毛促進、髪質や抵抗力の向上などのさまざまな効果が実証されています。

臨床試験では、3ヶ月の使用で70%の方の抜け毛が減少、そして20%の方は抜け毛がほとんどない状態にまで改善するとの報告があります。そのため、まずは3か月以上の継続治療が必要となります。効果を持続させるためには、6ヶ月から12ヶ月の長期服用を定期的に行なうことが望ましいです。また体毛の成長に影響を与えませんので、ムダ毛が濃くなるようなことはありません。

こんな方におすすめ

  • 抜け毛や薄毛が気になる
  • 髪にコシが無い
  • 髪のボリュームがない
  • 日光や紫外線でダメージを受けた髪が気になる
  • 妊娠・出産時に抜け毛がひどく、なかなか戻らない
  • 白髪が気になる
  • 爪が薄い、もろい、割れるなどが気になる

副作用としては、まれに胃腸症状や動悸、アレルギーを起こすことが報告されていますが、重大な副作用は報告はされていません。

ルグゼバイブ

パントガールの主成分+馬プラセンタ配合の次世代女性用薄毛サプリメント

女性用の薄毛治療薬ルグゼバイブは、パントガールの成分にさらに、馬プラセンタとコロストラムがプラスされています。そのため、薄毛や抜け毛といった脱毛に対して大きな効果が期待されるほか、馬プラセンタに含まれる成長因子が身体全体のアンチエイジングに効果を発揮してくれます。

馬プラセンタは細胞を活性化させる成長因子が含まれていて、毛母細胞を活性化するため、髪にコシやハリを出す効果があります。また、コロストラムにも毛髪の成長因子が含まれています。この含有成分により髪質改善や白髪予防とともに肌全体のアンチエイジング、疲労回復や爪の維持にも効果があることがわかっています。

有効成分

  1. パントテン酸カルシウム 60mg ;ビタミンB5とも呼ばれるもので、毛髪や皮膚、神経組織を健康に保つ働きを持つ成分です。
  2. ケラチン 20mg ;毛髪を構成する主成分のタンパク質です。ハリ・ツヤのある毛髪に導きます。
  3. ビタミンB1(チアミン) 60mg ;美肌ビタミンのひとつで、毛髪の細胞の働きをサポートする成分です。
  4. L-シスチン 20mg ;毛髪を構成するアミノ酸で、髪の毛を健康に保ち、皮膚や爪の角質層のコラーゲン形成を促進します。
  5. 薬用酵母 100mg ;ビタミンB群やたんぱく質などを含み、毛髪・頭皮・皮膚・爪を育成する成分を含みます。
  6. 馬プラセンタ 667mg;免疫の活性化と血行促進し、ハリ・ツヤのある美肌や薄毛に効果的です。
  7. コロストラム 20mg;コロストラム(牛)とは分娩後12~24時間にわたって牛の母親の乳腺から分泌される初乳のことで、免役ミルクともいわれます。主に免疫機能を高めたり、感染菌に対する抗体を持ち病原菌の感染から守り、またエイジングケアや抜け毛の防止、痛んだ髪の毛の再生する効果も見込まれます。

女性用育毛サプリのルグゼバイブは、髪の成長を手伝いながら脱毛も抑えてくれる女性の髪の悩みやトラブルに幅広く対応しているサプリです。髪に良いだけではなく肌を若返らせるエイジンケアにも作用があるといわれています。このルグゼバイブにはホルモン系に影響する成分は配合されていないため女性の身体に負担をかけることもありません。


内服薬・注射【4】ED治療薬

シルデナフィル

バイアグラ(シルデナフィル)は1998年発売の世界初のED治療薬です。日本国内は1999年から処方開始されています。2014年からバイアグラのジェネリックが処方開始されています。シナデルフィルはPDE5阻害薬です。勃起維持に必要不可欠なcGMPを分解するPDE5を阻害する作用により、勃起補助に効果があります。心臓病や狭心症の治療薬である硝酸剤を服用されている方などシルデナフィルを処方できないケースがあります。現在服用中の内服薬については必ず受診時に医師に申告してください。


内服薬・注射【5】アフターピル(緊急避妊薬)

レボノルゲストレル

アフターピルとは、妊娠を希望しないのに避妊を失敗した、または避妊しないで性行為をしてしまったというときに妊娠の可能性を減らす薬です。性交渉後の72時間以内の早いうちに正しく服用することで着床を防ぐことが出来る避妊薬です。

  • 排卵を抑える、もしくは排卵を遅らせる:排卵がなければ精子が来ても受精しないため妊娠が成立しません
  • 子宮内膜の増殖を抑制:受精卵が着床しにくくします

レボノルゲストレルは、2011年に日本で初めて承認されたアフターピルであるノルレボのジェネリック医薬品です。「受精卵を作らせないこと」と「受精卵を子宮内膜で着床させないこと」の主にこの二つの働きによって避妊を行います。吐き気や嘔吐などの副作用が少なく、より妊娠阻止率が高いのが特徴です。性行為の72時間以内に内服した場合の妊娠阻止率は85%以上で、内服までの時間が短ければ短いほど、妊娠阻止率は上昇することがわかっています。

服用方法

性行為後72時間以内(可能であればできるだけ早く24時間以内で)内服します。性行為後24時間以内に内服できると95%以上妊娠を阻止できると言われています。72時間以内に内服した場合の妊娠阻止率は85%前後です。72時間を超えると全く効果がなくなるというわけではありませんが、時間が経過すると、妊娠阻止率は低くなります。

副作用

  • 悪心、嘔吐
  • 頭痛
  • 下腹部痛

 内服後2時間以内に嘔吐してしまった場合は、薬が吸収されていない可能性が高いため、直ちに1錠追加内服する必要があります。

低用量ピルの飲み忘れの場合

低用量ピルを飲み忘れたことでアフターピルが必要となった方は、アフターピルを飲んだ後、12時間後あるいは翌日から低用量ピルを再開してください。

あくまで緊急用の避妊薬であること

アフターピルは、低用量ピルなどの経口避妊薬や他の避妊法などのように、日常的・計画的に避妊するためのものではありません。アフターピルを何度も使用するということは、身体的にも経済的にも大きな負担がかかります。あくまでも、緊急避難的に使用するものだということを忘れないでください。

施術料金

初診料
再診料・手技料・処方料
2,200円
1,100円
※下記の料金や内容につきまして予告なく変更させていただく場合がありますのでご了承ください。

美容点滴

手技料(初診時)
手技料(再診時)
2,200円
1,100円

品目数量税込価格
高濃度ビタミンC点滴(Mylan社製)12.5g (ハーフ)
25g(シングル)
50g (ダブル)
75g(トリプル)
8,800円
14,300円
28,600円
39,600円
G6PD検査 ※上記、高濃度ビタミンC点滴25g以上をご希望の場合、初回血液検査が必要5,500円
白玉点滴(グルタチオン) 600mg
1200mg
2000mg
4,400円
8,250円
12,100円
白玉スペシャル(ハイフトーニング+白玉導入+白玉点滴600㎎)29,700円
美肌注射(ビオチン)1,320円
美肌注射(パントテン酸)1,320円
美肌注射セット(ビオチン+パントテン酸)2,200円
ニンニク注射2,200円

内服薬・注射

処方料(初診時)
処方料(再診時)
2,200円
1,100円


美容内服
品目数量税込価格
トラネキサム酸100錠2,640円
シナール100錠1,870円
ユベラ100錠1,870円
ハイチオール100錠1,870円
美白内服セット1
(トラネキサム酸/シナール/ユベラ)
3剤セット 各100錠ずつ4,950円
美白内服セット2
(トラネキサム酸/シナール/ユベラ/ハイチオール)
4剤セット 各100錠ずつ6,160円
美白内服セット3
(シナール/ユベラ/ハイチオール)
3剤セット 各100錠ずつ4,400円


ダイエット治療薬
品目数量税込価格
マンジャロ 2.5mg4本(1ヵ月分)19,800円
マンジャロ 5.0mg4本(1ヵ月分)36,300円
マンジャロ 7.5mg4本(1ヵ月分)52,800円
マンジャロ 10mg4本(1ヵ月分)69,300円
リベルサス 3mg30錠(30日分)11,000円
リベルサス 7mg30錠(30日分)22,000円
リベルサス 14mg30錠(30日分)33,000円
メトホルミン 500mg30錠(30日分)4,400円


薄毛治療薬
品目数量税込価格
デュタステリド30錠(30日分) 7,700円
ザガーロ30錠(30日分)13,200円
パントガール90錠(30日分)13,200円
ルグゼバイブ90錠(30日分)13,200円


ED治療薬
品目数量税込価格
シルデナフィル 50mg1錠1,200円
検査代 ※初診時に心電図検査代が別途必要です1,500円


アフターピル(緊急避妊薬)
品目数量税込価格
レボノルゲストレル(72時間以内)1錠11,000円

内科・呼吸器内科

予約優先
診療時間
09:00 - 12:00
17:00 - 19:00

▲:第4土曜日は休診日です

美容皮膚科

完全予約制
診療時間
09:00 - 19:00
09:00 - 17:00

:第4土曜日、第2・第4日曜日は休診日です

診療所名 ノアクリニック│NOA CLINIC
所在地 〒639-0265 奈良県香芝市上中2002-1
電話番号 0745-43-6558
アクセス 電車をご利用の場合:JR志都美駅から徒歩1分
自家用車をご利用の場合:西名阪香芝インターから2分(駐車場5台)